でも、メイクだけではいまいち目の存在感をアピールできないと感じている人は、髪型を工夫してみると、目が大きくなった! と感じられるかもしれません。

目が小さく見えてしまう理由と、顔の中で目の存在感をアピールできる前髪のテクニックをご紹介します。

前髪で目が大きく見える! 魅力を引き出すヘアスタイル
画像出典:Dreamstime.com

見えている肌の面積が多いと、目が小さく感じられる

いくらアイメイクをがんばっても、なぜか目が小さく感じるという原因の一つは、顔の中で見えている肌の面積が多いということです。

たとえば、おでこがぜんぶ見えていたり、髪の毛を後ろで結んでいて、顔にかかっていないといったヘアスタイルでは、見えている肌色の面積に対して、目が小さく感じられるということですね。

これは小顔テクニックの一つでもありますが、顔を髪の毛で覆うことで、顔の面積を小さくし、顔のパーツにおける目の割合を大きくすることができるのです。

ぱっつん前髪がデカ目の味方! おでこを隠そう

おでこを出している人は、まず前髪を作りましょう。おでこを隠すと顔の面積が小さく見え、バランス的に目の存在感が増します。
目を大きく見せたい場合は、目の上にかかるかかからないかぐらいのところで、前髪をそろえましょう。

特に、日本人は眉毛と瞳が離れている人が多いです。その空間を隠すことで、より小顔に、より大きな目にすることができます。
ちょっと厚めの前髪にして、上からふわっとかぶせるようすると、しっかり肌色を隠すことができます。

フェイスラインが面長の人の場合は、前髪でおでこを隠すだけで縦のラインを短くすることができるので、これだけでかなり効果があります。

目のサイドあたりに前髪を持ってきて、横幅を隠す

丸顔だったり、顔が横に広い人の場合は、ただ前髪をぱっつんとそろえるだけではなく、目尻のあたりに髪の毛がかかるようにしてみましょう。前髪に少しカーブをつけて、目の端の肌が隠れるようにすることで、顔幅が狭く見えるようになるため、目が横に長く、大きく見えるようになります。

たとえば前髪もサイドの髪も同じくらい長い場合は、目の上部分だけぱっつん前髪にして、あとは目尻からほほにかけてサイドの髪の毛をおろしてしまえば、目の端と同時に頬も隠れるので、小顔&デカ目が際立ちます。

おでこを出したい人は、髪全体にふんわりボリュームを出す

ぱっつん前髪に抵抗があるけど目は大きく見せたい、という場合は、髪全体にボリュームを出してみましょう。
これで、全体的なバランスとして顔を小さく見せることができます。
トップにボリュームをもたせることで、おでこの広さが目立たなくなり、横幅をふんわりさせることで、顔幅が小さくなるのです。

そのうえで、サイドの髪の毛が目の端にかかるようにしたり、上からふわっと垂らした髪の毛でほほを隠すようにすると、目の存在感がアップし、大きく見えるのです。

目を大きく見せたいという場合には、髪の毛から顔全部のバランスをトータルで考えることも大切です。
簡単にできるデカ目マジック。ぜひ試してみてくださいね。

(enJOY Complex編集部)