-赤坂-化粧道美容研究所  ヘアセット&着付サロン

赤坂見附駅前のヘアメイク/着付サロン  24時間予約可/出張可

ご予約 / お問い合わせ

    2016/06/27


化粧の文化史

81-zTTFuMPL

化粧の日本史: 美意識の移りかわり (歴史文化ライブラリー)
¥ 1,836

 

 
西洋文化が流入する以前の日本の化粧は一種の記号だったわけです。眉剃、お歯黒は人妻の記号というのは有名ですし芸妓さんは髷の形や化粧の仕方でランク付けがわかる。化粧も身分制社会の影響を色濃く反映していたわけですが、身分のない自由な現代社会では美しさや自己実現を表現する手段としての化粧となった。全く化粧っ気のない人、身だしなみとして仕方なくしている人、とことんこだわってメイクする人、どういったタイプであっても自分の顔に対するアプローチは自由である分とても興味深いものです。

 

化粧は夫や周囲との関係を円滑にするためのものだった!? 意外と知らない化粧の歴史

2016年6月22日 11時0分 ダ・ヴィンチニュース
『化粧の日本史:美意識の移りかわり』(山村博美/吉川弘文館)
写真拡大
人間はなぜ化粧をするのか、考えたことがあるだろうか。文明が始まると共に、人類は自らの身体に化粧をほどこしてきた。「世界中で化粧をしない民族はいない」と言っても過言ではないほどだ。

化粧の目的の第一は「美しくなりたい」という人間の本能的な美的欲求からきている。なぜ美しくなりたいのかを突き詰めれば、「身だしなみを整えたい」「異性の気をひきたい」「変身したい」などの無数の理由が挙げられるが、その他に、顔や身体を自然環境から保護するといった実用的な理由もある。さらに、化粧は特定の集団への帰属(階級、年齢、未既婚など)を区別する社会的な表示機能を持つこともあった。

化粧は、単独の目的で、あるいはさまざまな目的が組み合わさり、世界各地で古代より行われてきたもの。とても、奥深いものなのだ。

『化粧の日本史:美意識の移りかわり』(山村博美/吉川弘文館)は、日本人の生活に密着していながらも、長い間学問として注目されてこなかった化粧の歴史を、古代~戦後の通史としてまとめた一冊である。

日本の化粧の色は、顔に塗る白粉(おしろい)の白、口紅や頬紅の赤、お歯黒や眉化粧に用いる黒の三色より成り立っている。

その中で、現代人にとって馴染みがないのは「黒の化粧」の「お歯黒」だろう。黒の化粧の登場は3世紀末に書かれた『魏志倭人伝』の中にある。歯を黒く染める「お歯黒」の風習を思わせる記述が見受けられるのだ。

その起源は南方系の民族が日本に渡来した際に持ち込んだという説や、日本で独自に発達したという説、インドから中国や朝鮮半島を経由して伝わったという説など諸説あるが、はっきりと分かっていない。

脈々と受け継がれてきた黒の化粧だが、江戸時代の中頃には「女性の社会的属性などを可視化する機能」が重視されるようになる。庶民の女性の場合、歯が白く、自然に生えた眉があるのは「未婚」を表し、お歯黒をしていれば「既婚」。さらに眉を剃っていれば「子持ち」と、見た目で女性の立場がある程度分かるようになっていた。

現代人の感覚からすると、歯を黒く染めるという美的感覚はまったく分からない。さらに眉まで剃り落としてしまうと、感情の読めない仮面のようになってしまわないだろうか。だが江戸時代の化粧は「身だしなみ、礼儀のひとつ」でもあった。そう考えると、お歯黒を通して女性の「社会的位置」、つまり、当時の女性が求められていた「礼儀」を推測することができるかもしれない。面白い研究テーマだと思う。

話が逸れたが、現代にとって「奇妙な」黒の化粧は西洋風の化粧が入ってくる明治時代まで綿々と続いた(大正時代に入ってからも、一部では行われていたそうだ)。明治時代から、西洋の文化が入ってくると共に、洋風の化粧も誕生した。現在でも化粧品メーカーとして名高い「資生堂」「花王」も、明治からの老舗である。この時代に入ってからの大きな変化は、なんといっても「白粉」だ。

その名の通り、従来の白粉は「白色」しかなかったのだが、明治20年代後半には「肉色」が登場する。40年頃には、最近の傾向として顔の色を赤くみせる「紅(にく)白粉」と、化粧下地クリームを使う女学生が増えたという新聞記事も残っており、流行に敏感な女学生たちは、「新しい洋風メイクをおしゃれと感じる西洋的美意識を持っていた」と考えられる。この頃から、現代人でも受け入れられる化粧が普及してきたのだ。

だが、その化粧はあくまで「社会規範として、あるいは夫や周囲との関係を円滑にする手段として必要性が語られていた」と著者は語る。外見は洋風化してきても、内面は江戸時代と同じ「自分の好みより他者の目を意識した化粧が求められた」のだ。

大正時代には、女性の社会進出にともない、「化粧時間の短縮」を目的とした新しいタイプの白粉も登場する。大正7年に発売された「レートメリー」は、化粧下地と白粉の機能をひとつにしたもの。今でいうところのBBクリームのようなものか。白粉の色も、白、肉色以外のバリエーションを増やしていく。

戦後、アメリカが統治する占領政策の影響を受け、彫りの深い「外人顔」が日本人女性の憧れとなり、顔を立体的に見せるため、陰影をつける化粧がもてはやされた。

昭和末期には、内面重視の「礼儀としての化粧」が、外面重視の「自己実現のための化粧」という価値観へと変貌していき、現代の化粧に受け継がれ、今に至っている。

本書を読めば、普段何気なくしている化粧の見方が変わってくるだろう。化粧とは、偶発的に流行する、単なる「おしゃれ」ではないのだ。

文=雨野裾

   未分類


  

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

51vpFHRD77L-214x300
浴衣着付はサービスです

着物&ゆかたのヘアアレンジ ¥ 1,598 *夏の浴衣着付キャンペーン*ヘアセット&浴衣着付   ¥3,000 浴衣をお持ち込み頂ければお着付けはサービスさせて頂きます。アセット&浴衣着付がセットで¥3000と大変リーズナブルにご利用できます …

81Qv0zFbBYL._AC_SL1500_
タオルドライ

ブルーム 日本製 ラージ フェイスタオル 4枚セット ¥2,340 通常配送無料 美容室に就職して最初に覚えるのが「タオルドライ」という技術です。現状の技術で最も早く乾かせる方法で、タオルで髪を拭きながらドライヤーを当てるだけ。という技術と言うほどの …

91c+ThYGNmL
赤坂見附でヘアセット/メイクアップなら

本格セット&アップ練習帳 ¥ 3,600 より 結婚式の参列・会合・講演会・パーティー・各種撮影などヘアセット/メイクアップがご必要でしたら是非弊店へ。赤坂見附駅より徒歩1分と好立地。出張もやっておりますのでお気軽にご相談を。 ******* …

51Icr6wdxYL._SX375_BO1,204,203,200_
若者たちの流行

成人式・卒業式のまとめ髪 ¥4,400 より 1 新品 成人式は私も毎年仕事で忙殺される日でありますが、仕事が終わると街や、会場の周辺などを散策していわゆる成人たちの「流行」を見つけるのが毎年の習慣になっています。小悪魔アゲハが流行っていた10年ほど …

81ilYZZ3zRL
若作りより老け作り

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック ¥ 951 おばさんがより強調されてしまうのは必要以上の若作りです。特に服装に関してだけは「年齢相応」かそれ以上のものがいいです。年齢以上の格好をすれば相対的に中身が若く見える。若い子が着 …

51ZZUq8t6WL._SX344_BO1,204,203,200_
赤坂見附でメイクアップなら

いきなりケタ違いにかわいくなる ¥ 1,620 弊店は赤坂見附駅より徒歩1分のオフィスビル内にあるヘアメイク専門サロンです。狭い場所ながら赤坂の眺望に面し心地良く施術を受けることができます。専門スタッフがお客様のご要望を丁寧にお聞きして施術いたします …

41MiH-gmc6L._SY346_
コロナ騒動

知っておきたい感染症 ¥3,610 より 7 中古品の出品 コロナ騒動で世間が大変です。3月は卒業式シーズンですが、すでに決まっている仕事がなくなるということもあるでしょうか。だとすると2011年の大震災以来のことです。さて、これだけ騒がれているコロ …

0005_large
出張ブライダルヘアメイク/¥20000

弊店はハウスウエディングにおきましてヘアメイクの出張サービスを行っております。近年は結婚式場でのブライダルだけでなくご自身で全てアレンジするレストランウエディングが多くなっております。リハーサルと当日の出張を含めまして¥20000と大変リーズナブルな …

1566910724
運動じゃなくて食べ過ぎなだけ

完全菜食主義 クロスフィット ダイエット ¥ 1,202 Kindle 価格 自分は年齢の割に身体が柔らかい方ではあるのですが、例えば180度開脚して寝そべることができます。けれど立った状態で自分で足を高く上げることができない。地面や壁に押し付ければ …

91c+ThYGNmL
赤坂見附でヘアセット/メイクアップなら

本格セット&アップ練習帳 ¥ 3,600 より *結婚式の参列・会合・講演会・パーティー・各種撮影などヘアセット/メイクアップがご必要でしたら是非弊店へ* *ヘアセット ¥3,000  *メイクアップ ¥4,500 プロの技術をリーズナブルな …